第218回HSPセミナー「難民等を想定した国際的保護と出身国情報(COI)」

概要: 人間の安全保障に関わる重要な問題の一つに、自国政府から迫害等を受け他国へ逃れた難民等を、国際法を通じてどのように法的に保護するか、という問題があります。そして、難民認定手続きの際には、そのような迫害等を受けた証拠を所持しない庇護申請者の主張を、出身国情報(COI:Country of Origin Information)を通じて確認できるかどうか、その場合にはどのような点に注意が必要となるかも、実務上極めて重要になるところです。

本セミナーでは、難民に関する国際法をご専門とし、東京大学寄付講座「難民移民(法学館)」事務局長や日本国・難民審査参与員を歴任されてきた山本哲史先生をお招きし、上記のような問題について、分かりやすくご講演頂きます。

事前申込み等は必要なく、どなたでもご参加頂けます。

日時: 2016年 5月 30日(月) 17:00 - 19:00
場所: 東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーションルーム1
講師: 山本哲史(モンゴル国立大学法学部内・名古屋大学日本法教育センター特任講師)
コメンテーター: 有馬みき(東京大学大学院総合文化研究科グローバル地域研究機構(IAGS)持続的平和研究センター特任研究員)
言語: 日本語
主催: 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)

東京大学大学院総合文化研究科グローバル地域研究機構(IAGS)持続的平和研究センター

後援: 平成28年度科学研究費助成事業基盤研究A「東アジアにおける正義へのアクセスのためのネットワークガバナンスの検証」

第217回HSPセミナー「子どもと向き合う人間の安全保障」連続セミナー 第Ⅱ回 子どもの安全保障論

概要: 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラムでは、人間の安全保障の議論の中で周縁的な話題になりがちであった子どもに焦点を当て、認定NPO法人国際子ども権利センター(シーライツ)との共同企画「子どもと向き合う人間の安全保障」連続セミナーを6回にわたり開催いたします。

連続セミナー第Ⅱ回の講師は、元UNICEF職員、現在は早稲田大学大学院アジア太平洋研究科研究科長で教授を務めておられる勝間靖さんです。

開発学・国際人権論の専門家という視点から、メキシコやアフガニスタンでの職務経験や、アフリカでのマラリアやエボラ出血熱の調査を踏まえ、子どもの商業的な性的搾取、武力紛争下の子ども、グローバルヘルスにかかわる勝間氏自身の研究に関して、ご講演いただく予定です。
事前申込は不要、どなたでもご参加いただけます。

◆勝間靖(早稲田大学教授)

早稲田大学国際学術院副学術院長、大学院アジア太平洋研究科長、アジア太平洋研究センター所長。また、国際開発学会副会長、日本国際連合学会理事、国際人権法学会理事。大阪大学大学院で法学修士(国際関係法学)を取得後、東南アジア、南アジア、南米で開発調査に従事。その後、ウィスコンシン大学マディソン校でのPh.D.(開発学)取得を経て、国連児童基金(UNICEF)入所。メキシコ、アフガニスタン/パキスタン、東京事務所での勤務を経て、現職。専門分野は、開発研究(人間開発)、国際人権論(子どもの権利)、人間の安全保障。編著書として『アジアの人権ガバナンス』(勁草書房、2011)と『テキスト国際開発論~貧困をなくすミレニアム開発目標へのアプローチ』(ミネルヴァ書房、2012)など。

日時: 2016年5月11日(水)18:45-20:30
場所: 東京大学駒場キャンパス 21 KOMCEE West K303
講師: 勝間 靖 (早稲田大学教授)
コメンテーター: 宮川真璃、関谷雄一(東京大学HSP)
司会: 関谷 雄一 (東京大学准教授)
言語: 日本語
資料: 当日配布予定。
主催: 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)

東京大学グローバル地域研究機構 持続的開発研究センター

共催: 認定NPO法人 国際子ども権利センター(シーライツ)

HSPシンポジウム「アフリカが世界を救う――紛争解決の新しいパラダイムを求めて」

概要: アフリカでは、とくに1990年代に入ってからいろいろな内戦や地域紛争が起こりました。それに対して国際社会は、PKOの派遣や国家建設の支援、あるいは国際裁判所による訴追など、欧米出自の思想や制度をアフリカに導入することを通して問題解決をめざしてきました。こうした介入は一定の成果をあげてきましたが、暴力によって切り裂かれた人間関係を修復するためにはあまり有効ではありませんでした。

このシンポジウムでは、紛争解決や共生の実現のために外来の制度や価値観をアフリカ社会に持ち込むのではなく、現地の人びとがみずから創造・蓄積し、運用してきた知識や制度に注目します。そして、アフリカの人びとの声に耳を傾けつつ、紛争処理や社会修復のために、この地域の在来の智慧や価値観を活用する道を考えます。

日時: 2016年6月18日(土)13:30-17:00(開場13:00)
場所: 東京大学駒場キャンパス18号館ホール
基調報告者: 瀬谷ルミ子(せやるみこ)

認定NPO法人日本紛争予防センター(JCCP)理事長、JCCP M株式会社取締役。2001年、英ブラッドフォード大学・紛争解決学修士課程修了。ルワンダやシエラレオネ、アフガニスタン、コートジボワールなどで国連PKO、外務省、NGOの職員として勤務。2009年にJCCP事務局長、2013年より現職に就き、ソマリアやスーダン、ケニア、中東地域などで平和構築活動、紛争予防活動に従事。第2回「秋野豊賞」受賞。Newsweek日本版で「世界が尊敬する日本人25人」に選出(2011年)。「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2012」受賞。「エイボン女性年度賞」受賞(2012年)。週刊雑誌AERA「日本を立て直す100人」に選出(2012年)。日経ビジネス「次代を創る100人」に選出(2012年)。イギリス政府主催「International Leaders Programme」に選出(2015年)。著書に『職業は武装解除』(朝日文庫)など。

討論者: 遠藤貢(東京大学)「国際関係論の立場から」

島田周平(日本アフリカ学会・会長/東京外国語大学)「アフリカ地域研究の立場から」

荒木美奈子(お茶の水女子大学)「開発研究・実践の立場から」

司会: 松田素二(京都大学)
言語: 日本語
定員: 120名(先着順)
お申込み: 要(下記「問い合わせ・申込み先」参照)
資料: 京都大学学術出版会ウェブサイト

http://www.kyoto-up.or.jp/jp/africa-sympo201606.html

主催: 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)

東京大学大学院総合文化研究科グローバル地域研究機構・アフリカ地域研究センター

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科

京都大学アフリカ地域研究資料センター

京都大学学術出版会

活字文化推進会議

日本学術振興会ナイロビ研究連絡センター

共催: 日本アフリカ学会・関東支部
後援: 読売新聞社・読売教育ネットワーク
問い合わせ・申込み先: 京都大学学術出版会シンポジウム掛

電話:075-761-6182  FAX:075-761-6190

Email:sympo@kyoto-up.or.jp (件名に「大学トーク参加」とご明記ください)

※申込みの際には,氏名,年齢,職業・学年,電話またはEmailアドレスが必要です

第216回HSPセミナー「子どもと向き合う人間の安全保障」 連続セミナー第1回 子どもの安全保障―子どもの権利ベース・アプローチの理論と実践

概要: 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラムでは、人間の安全保障の議論の中で周縁的な話題になりがちであった子どもに焦点を当て、認定NPO法人国際子ども権利センター(シーライツ)との共同企画「子どもと向き合う人間の安全保障」連続セミナーを6回にわたり開催いたします。

連続セミナー第1回の講師は、シーライツの代表理事であり、文京学院大学で教授を務めておられる甲斐田万智子さんです。

カンボジアにおける子どもの権利ベース・アプローチ(RBA)の実践から、子ども、及び子どもの権利実現に責任のある大人に対するエンパワーメントを通じた子どもにやさしい社会づくりについてお話いただきます。

事前申込は不要、どなたでもご参加いただけます。

◆甲斐田万智子(認定NPO法人国際子ども権利センター(シーライツ)代表理事/文京学院大学教授)

日本ユニセフ協会に勤務後、イギリス・サセックス大学大学院(IDS)にて開発学修士号取得。インドに滞在しながら貧困層の子ども、児童労働問題にかかわったのち、1996年シーライツに入職。インド児童労働プロジェクトを実施。2003年から4年間カンボジアに滞在し、子どもの人身売買、性的搾取、児童労働の防止活動に携わる。2007年からシーライツ代表理事。共著に『国際協力のレッスン: 地域市民の国際協力論入門』(学陽書房)『児童労働撤廃に向けて―今、私たちにできること―』(アジア経済研究所)『小さな民のグローバル学 共生の思想と実践をもとめて』(上智大学出版会)など。

日時: 2016年4月27日(水)18:45-20:30
場所: 東京大学駒場キャンパス KOMCEE West K303
講師: 甲斐田 万智子 (シーライツ代表理事)
コメンテーター: 佐藤 安信 (東京大学教授)
司会: 関谷 雄一 (東京大学准教授)
言語: 日本語
資料: 当日配布予定
主催: 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)

東京大学グローバル地域研究機構 持続的開発研究センター

共催: 認定NPO法人 国際子ども権利センター(シーライツ)

HSP第215回セミナー 福祉社会と人間の安全保障

概要: グローバリゼーションが福祉国家と地域社会に及ぼす影響を、都市、農業、医療、教育、文化など様々な角度から分析してきた二人の財政学者に、21世紀の福祉社会の課題について人間の安全保障と関連付けて論じてもらう。
日時: 2016年05月21日(土)13:30-15:30
場所: 東京大学駒場キャンパス 18号館4階コラボレーションルーム4
発表者: 渋谷博史氏(東京大学名誉教授)「Social SecurityとHuman Securityの試論」

根岸毅宏氏(国学院大学教授)「アメリカの分権的な「小さな政府」とNPO」

コメンテーター: なし
司会: 丸山真人(東京大学大学院総合文化研究科教授)
言語: 日本語
参考文献 渋谷博史編著『21世紀日本の福祉国家財政』第2版、学文社、2014年

渋谷博史・根岸毅宏編『アメリカの分権と民間活用』日本経済評論社、2012年

主催: 「人間の安全保障」プログラム (HSP)
共催: なし
後援: なし