第267回HSPセミナー「国連の活動の場における性的暴力・搾取の問題と対策について」(2020年6月15日)

タイトル 国連の活動の場における性的暴力・搾取の問題と対策について
概要 国連平和活動や援助の場における性的暴力・搾取の問題が公になってから30年近く経つ。国連の職員や関連要員による性的暴力・搾取の問題とは、どのような問題で、国連はどのようにそれを予防し、対処して来たのだろうか。講師の持つデータベースを含むアカウンタビリティの研究と、昨年度の国連被害者の権利アドボケート(国連の要員による性的暴力・搾取の被害者の権利を守る活動をしている国連事務次長補)と共催したラウンドテーブル会議をもとに、その実態と国連による対策について話す。
日時 2020年6月15日(月) 18:00〜19:30
場所 Zoom (事前登録制、下のリンクより登録してください)
https://forms.gle/AohJE45Y1v5ULx4k8
講師 キハラハント 愛 (東京大学 大学院総合文化研究科 「人間の安全保障」プログラム(HSP) 准教授)
言語 英語
資料 事前登録された方に送付
主催 東京大学 大学院総合文化研究科 「人間の安全保障」プログラム (HSP)
共催 東京大学 大学院総合文化研究科 グローバル地域研究機構(IAGS) 持続的平和研究センター
備考 6月17日(水)の国連被害者の権利アドボケートによる特別セミナー(学内者のみ、人数制限あり)に参加の方はこちらにもご参加ください。