修士論文・博士論文題目一覧

本プログラムのすべての学位論文および特定の課題は、インテリジェント・ライブラリーにおいて閲覧ができます。

修士論文題目一覧2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005
博士論文題目一覧2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2011 | 2010 | 2007

修士論文題目一覧

2016年

災害情報の共有における課題ー自衛隊の能力活用を中心にー
A NEW DIPLOMACY AFTER 2011? Assessing Japan’s disaster relief deployments to the Philippines and Nepal
原発をめぐるリスク・コミュニケーションにおける透明性ー「柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会」を事例にー
子どものディーセント・ワークー働く子どもの労働問題の改善に向けてー
セックス・ワーカー再考ータイでの事例を中心にー
近代化とフェミニズムーワンボイ・ワイヤキ・オティエノの個人的な経験からー
男性同性愛者の安全保障:アイルランド共和国の「結婚の平等」国民投票を事例に
When Does Bias Matter? Mediating the Civil War in Sudan between 1994 and 2005
反ユダヤ主義とイスラエル批判ー「ユダヤ人であること」と現代ー
2011年のAl-Shabaabの支配下における人道支援の継続的なアクセスの成功要因
東ティモールにおける紛争解決メカニズムの発展過程 – フォーマルとローカルの相互作用の観点から –
貧困と福祉について日仏のSNSにおける言説の比較 Twitterを例にとって
エボラ出血熱流行にみるインフォーマル・ネットワークのはたらきーリベリア共和国の事例からー

2015年

国際的なCSR指針の展望 : キンバリー・プロセスの再評価を通して
日本における医療の国際化の可能性 : インバウンドの医療ツーリズムを中心に
平和構築の評価は可能か : ケニアにおける開発援助の事例から
平和構築における女性の参加とエンパワーメント : アフガニスタンを事例として
国連平和維持活動の出口戦略 : 東ティモールの教訓
国連における意思決定方式としてのコンセンサスとその限界
—対人地雷禁止条約、国際刑事裁判所規程、武器貿易条約を題材として—
The Role and Strength of Civil Society during Democratization in Central and Eastern Europe
three historical time -span approaches
地方都市のダイバーシティとソーシャル・キャピタルの考察
—多文化共生社会の構築に関わるアクターへのインタビューを基に—
北部ウガンダの元子ども兵の社会再統合における北NGOの役割 : 日本のNGOテラ・ルネッサンスを事例に
「科学技術」と「平和」の戦後復興史 : 広島県呉市を事例に
“State”-ness of the Islamic State : 「イスラーム国」の「国家」性について
国際刑事裁判所による「事態」の選択 : アフリカ諸国からの「差別」抗議をめぐる国際刑事司法の公平性担保
Empowerment through Heritage Crafts : Focusing on Rural Malaysia
援助協調における政策と実践の乖離 : ザンビア国保健セクター支援を事例に
国際人権法における個人の生命の積極的保護 : 食糧に対する権利に係る資源配分の観点から
教科書改革における欧州の「介入」に関する一考察 : ボスニア・ヘルツェゴヴィナの事例から
セーフコミュニティがもたらす「安全・安心」 : 京都府亀岡市モデル地区における住民意識調査を中心に
流動性に関するリスクと経済環境 : 日米金融市場の実証分析

2014年

オキナワ・アイデンティティと独立運動
「人道的介入」から「保護する責任」へ —国連の議論を中心にして—
Organic Agriculture and the Comminity: The Case of the Philippines (有機農業とコミュニティ:フィリピンの事例から考える)
日本における貧困の現状と展望 —吉祥寺でのフィールドワークを事例に—
貧困からの脱却における「貯蓄グループ」の役割 —スリランカ農村部の事例より—
フル・インクルーシブ教育の可能性 —ケイパビリティ・アプローチの視点から
The Politics of Transitional Justice in Nepal In search of Justice without Truth and Reconciliation Commission
移行期正義をめぐるネパール政治 真実和解委員会なき正義の追求
子どもの代替ケアの制度実態 —リベリアのコミュニティ型養育を事例に—
中国の資源担保型譲許的融資の分析 —アンゴラ・モデルは日中長期貿易のモデルを繰り返したか—
難民問題の解決と「事実上の統合」: セネガルにおけるモーリタニア難民を事例に
難民不認定処分と庇護申請数増加のダイナミズム —日本におけるトルコ国籍クルド人を事例として—
The 2017 Parliamentary Elections of Geogia- What Prompted the Peaceful Transfer of Government?
2012年のグルジア議会選挙における平和的政権交代とその原因
持続可能な経済を紡ぐ女性たち —サブシステンスの視座から—
「東ティモール連帯運動」とは何だったのか —国境を越えた市民活動の一ケースとして—

2013年

School Effectiveness in Nepal: Reverse Disparities Between Urban and Rural School
ネパールにおける効果的学校: 農村都市の逆格差
難民保護の国際的義務と国益との相克
—豪州パシフィック・ソリューションが体現したこと—
「女性のためのアジア平和国民基金」
—その成立過程と事業の検証ー
ソーシャルビジネスの意義と可能性
Social Capital and Mental Health among Displaced Residents Due to the Fukushima Nuclear Accident:
A Quantitative Assessment of Survey Data from Futaba Town, Fukushima
(福島原子力発電所事故に伴う避難状況下におけるソーシャルキャピタルとこころの健康
—東日本大震災:双葉町避難民へのアンケート調査をもとに—)
人間の安全保障が築き上げる共生の文化・社会
—思想的アプローチ
権力関係をめぐる南のNGOの戦略
—日本のACEとガーナのCRADAを例として—
権威主義体制の脆弱性
—アラブの春で露呈した「頑健」な中東権威主義体制の弱さ—
コンゴ民主共和国東部における紛争と混乱
—なぜ反政府勢力は戦い続けるのか—
デイトン和平合意の成立と履行
—ボスニア・ヘルツェゴヴィナ上級代表事務所を中心に—
日本の第三国定住事業の課題
—インドシナ難民と第三国定住難民の事例ー
ハーグ条約における「子の最善の利益」
—13条1項(b)「重大な危険」の解釈から—
教員の欠勤とコミュニティの参加
—南東部アフリカにおけるコミュニティの物理的・経済的関与—
Non-liberal’ Approach to Peace?
Debates over contemporary peacebuilding in global politics, and Rwanda’s “peace”
平和構築への非リベラル的アプローチ
現代国際社会における平和構築の問題と「ルワンダ的」平和の可能性

2012年

THE POLITICAL AND SOCIAL ENVIRONMENT OF ETHNIC MINORITIES -A CASE STUDY OF SRI LANKA
エスニック・マイノリティの政治的・社会的環境—スリランカのケース・スタディ
先進国における難民へのメンタルヘルスサポートに関する考察
ジェノサイド後ルワンダにおける赦しと和解 —ガチャチャ裁判を事例として—
『貧困解決の方途としてのBOPビジネスの可能性と課題』
The role of the maternal healthcare referral system in service delivery and influencing women’s maternal health behavior and attitudes in rural Philippines
A Case Study on Buenavista, Marinduque
フィリピン農村部における妊産婦医療の役割および妊産婦医療紹介システムが妊産婦の行動に与える影響
—ブエナヴィスタ市町村の事例研究—
重大な人道法違反に対する個人の処罰体制
—国際刑事裁判所規程における管轄権行使条件の検討—
小説「志願兵」における高進六の「志願」
統合失調症への接近可能性 —きょうだい当事者の語りから—
母と子の「健康」を保障するために —バングラデシュ母子保健プロジェクトの事例から—
Implication of Japan’s ODA in Latin American Countries: Analytical Study of the Results from Aquaculture Projects Implemented in Chile, Argentina, and Bolivia
ラテンアメリカ諸国における日本政府開発援助の効果 —チリ、アルゼンチン、ボリビアにおける魚類養殖プロジェクトの成果分析—
災害とジェンダー —政策の変遷とその課題—
パレスチナ/イスラエル:一つの国家は可能か —国家案による解決の可能性
暴動によるマイノリティーの自己認識 —1984年デリー暴動の語りから
人間の安全保障の国際規範性に関する一考察 —国連総会における決議と国際規範の形成に着目して—
ミャンマーの民主化改革 —近代ミャンマーの政治体制変動に関する試論—
東日本大震災が変える日本のCSR —人間の安全保障の視点から—
地方分権が地方自治体の防災機能に与えた影響 —東日本大震災下の気仙沼市における相互扶助を参考事例として—
災害救援における自衛隊と中国解放軍の比較研究 〜自然災害から人びとの命を守るための、日本と中国の模索を追う〜
Mission to Human Security: Comparison between the Japan Self-Defence Forces and the People’s Liberation Army of China in response to large-scale disasters
暴動下の訴訟行動 —対南部国境地域における拷問被害事件の損害賠償請求訴訟の社会的機能—
Analysis of the Principle of Complementarity: The International Criminal Court and the Situation in Kenya
(国際刑事裁判所における補完性原則の分析: ケニアの事例に焦点を当てた考察)

2011年

中国の対アフリカ農業援助 —中国農墾集団を事例に
1930年代末のリトアニアにおける反ユダヤ主義 —リトアニア人商工業者の新聞『ヴェルスラス』の分析を中心に—
Intergenerational Social Mobility among Non-White Household in America: A Study of Educational Attainment of Immigrant Children
(米国における非白人系移民世帯の世代間モビリティー子どもの教育達成をテーマに
途上国の開発事業における官民パートナーシップの比較研究
Toilet Wars’ in Cape Town: Politics of Service Delivery and Popular Movements in Post-Apartheid South Africa
民主化後の南アフリカ共和国における民衆運動と都市開発
—ケープタウンの「トイレ戦争」を事例として—
「紛争後国家建設」における統治権限の移譲
—UNTAETにおける統治制度改革を事例として—
CSRの再検討
—日本企業によるミレニアム開発目標4、5及び6(保健分野)への貢献を事例に—
日本における首都圏在住アイヌの「アイヌ」なるもの
The cause of the contradiction within the United Nations Security Council Resolution 1325
~An investigation into support for women in peacebuilding~
(国際連合安全保障理事会決議1325における矛盾の要因〜平和構築における女性支援に関する考察〜)
カンボジア農村部における土地問題抗議活動
—農村住民の社会ネットワークの視点からの一考察—
マスメディアにおける「在日中国人」像の変遷
—『朝日新聞』と『読売新聞』(1990—2010)報道記事を事例として
情報通信技術と市民参加に関する考察
—韓国におけるインターネットによる市民参加のケースから—
ミャンマーと宗教関連団体の教育支援
—仏教とキリスト教関連団体を事例に—
二市場連動モデルを用いた金融市場における取引停止措置の研究
韓国の多文化主義 —その理論と実践—
対抗文化運動の現代的位相 —”Green Drink”オーガナイザーのライフヒストリーを通して
Commercial Sexual Exploitation of Children in Combodia
Analysis of the Trend and the Effective Factors on Law Enforcement Improvements
カンボジアにおける児童の商業的性的搾取問題

2010年

ザンビアにおける社会的規範の考察 —差異を尊重する為に—
NGO and Fundraising in Japan
『日本においてCSR(企業の社会的責任)が企業にもたらした変化』
クボタとチッソの事例の比較から
持続可能な発展に向けた環境政策の評価に関する基礎的研究
「仕事」の再考 —ビッグイシュー販売者から見る—
ソマリア紛争におけるイスラーム主義勢力の台東:エチオピアとアメリカの影響から
UNHCRと国際社会による難民帰還政策—クロアチアとセルビアにおけるセルビア系難民の考察
難民の移動・滞留過程における教育の影響の一考察 〜タイのミャンマー(ビルマ)難民を事例に〜
コソヴォにおける女性に対する暴力
フィリピン郊外農村部の貧困と教育:ブキットノン州のデータ分析を事例に
地球市民社会の理念と実践 日本における開発教育活動を事例に
東ティモールにおける平和構築活動の再検討 〜「2006年危機」の要因分析を事例として〜
ラトヴィアの「シティズンシップ」:EU加盟後ロシア語系住民の流出に注目して
広島平和記念資料館の変化と平和認識 —平和ミュージアムの可能性と限界—
水をめぐる「問題」の所在 ボリビア国コチャバンバ県の水戦争を事例として
農村・都市間還流型出稼ぎ労働者の都市ソーシャル・サポートネットワークとメンタルヘルス
—プノンペンのシクロドライバーを事例に—

2009年

持続可能な農業と集落営農の法人化 —福井県池田町を事例として—
Gendered Analysis pf Justice in Post-Genocide Rwanda
Assessing the Effectiveness of Gacaca Courts in Sexual Violence Cases
現代日本における多文化主義の批判的考察 —Japanese Filipino Children(JFC)を事例に
公的奨学金制度と貧困 —フィリピンにおける高等教育機会均等に関する一考察—
The Responsibility to Protect 2.0
A Study of Present Position of Norm-creating Process of the Principle of the Responsibility to Protect and its Amendments
ボリビアの学校教育における音楽教育
中央アジアにおける「漸新的」農業改革の論理—ウズベキスタンの農民は「農業改革」を歓迎しているのか?—
紛争後社会における治安回復—現代カンボジアの小型武器回収・管理を事例として—
「女性のためのアジア平和基金」とはなんだったのか —日韓和解の方途としての効用と課題
The Politics of Healing Activities in Thailand’s Southern Violence
Israel’s Separation and Expansion Policy in Palestine
A Study on the Separation Barrier in the Occupied Territories
フセイン裁判の再検討—公正な裁判を受ける権利とデロゲーション規定の観点から—

2008年

アフリカにおける紛争・共生と<地元民性>をめぐる諸問題
「国際的連帯」というスウェーデンの戦略ー「目的合理性」に基づいた「連帯」と「連帯」の推進動因としてのNGO-
フランスにおける移民と教育ー移民統合と共和主義ー
占領地における自由権規約の適用
Legitimacy-Building for Peace:A Demand -Based Approach
日本外交における人権の位置づけー対ミャンマー外交を事例としてー
国内避難民支援にみるUNHCRの対策決定ー同床異夢の国際政治ー
難民と国家安全保障ーヨルダンのPLO
コソヴォ紛争後の平和構築と国連暫定統治ー「マルチエスニック・ソサエティ」の追求がもたらしたものー
スーダンにおける「紛争」と「紛争処理」
マイクロファイナンスの社会構造に与える副次的影響ーバングラデシュ農村におけるサービスの「深化」と社会保障ネットワークを巡って
“Education for All”のための「ノンフォーマル教育」の再考ーフィリピンのスラムを事例にー
インドにおけるノンフォーマル教育による職業訓練教育の役割とその可能性ーPrayas成人教育プログラムを事例として
A study of UNHCR and Government Policies on the Issue of Vietnamese Asylum Seekers in Hong Kong
An Approach to Human Security : Participatory Empowermet in the Dry Zone of Myanmar
自立発展的な開発援助のためのプロジェクト評価を求めて:キルギス共和国における開発援助ケースとして
UNDERSTANDING VIOLENCE IN SOUTHERN MUSLIM PROVINCES OF THAILAND (YALA, PATTANI, AND NARATHIWAT)

2007年

Humanitarian Demining Project in Sri Lanka(スリランカにおける人道的地雷除去プロジェクト)
Refugees and the Logic of Politics: Disagreements between the Kurd Refugees and the UNHCR and the NGOs
(難民と政治の論理:クルド人難民と、国連難民高等弁務官事務所とNGOの間の不和)
政府・非合法組織・民衆ーコロンビアにおける暴力の防止ー
構造調整の負のインパクトーエジプト農村における貧困と人的資源開発ー
Analyzing Community -based Education Management Information System in Tajikistan:the relationshipbetween traditional community and school rahabilitation(タジキスタンにおける、コミュニティー主導教育管理情報システムの考察:伝統社会と学校修復作業の関連性から)
Organization Micropolitics: An Ethnographic Study of a Filipino-run Community Orga
「宗教対立」の理解と解決のためにーインド・コミュナリズムの事例からー
ジェンダー平等実現のための教育開発とはー女子初等教育推進活動の意義と課題ー
ボスニア・ヘルツェゴヴィナに対する「日本」の復興支援
日本における入国管理政策の変遷と課題ー「外国人労働者」を中心にー
ブルンジにおける安定メカニズム—『持つ者』と『持たざる者』のパワー・シェアリング
排出枠割当の観点からノ排出権取引の研究—EU排出権取引制度における独・英の国家割当計画を事例に
開発途上国における障害者の社会開発 カンボジアの事例における批判的考察
バングラデシュにおける「人間の安全保障」とローカル・ジェンダー・センシティビティ—飲料水ヒ素除去
プロジェクトにおける社会開発関連の取り組みを事例としてー
国連平和維持要因の質の問題に関する一考察ー「ブラヒミ報告」による指摘とその後の動向ー

2006年

言語とアイデンティティ—旧ソ連中央アジアの民族的マイノリティの言語選択ー
移行期における正義と和解ールワンダのガチャガチャ制度を中心に
紛争後の住宅支援と土地保有保障についての一考察ーフィリピン、ミンダナオの事例を通じて
A Human Security Approach to Anti-Trafficking Policies in the EU: Tackling the structural sources of vulnerability
“War Don Don”—許すこと、忘れること シエラレオネの平和構築と和解のための触媒
地域通貨とコミュニティづくりー西和賀「わらび」を事例として
魔法のはっぱとポカリスエットープライマリヘルスケアとインドネシアの地域保健活動
フェアトレードにおけるパートナーシップの形成
「青年海外協力隊帰国後のキャリア形成」ー国際協力人材情報の共有にむけて
難民条約における「迫害」解釈の理論と日本の課題
保護責任における武力の濫用可能性の低下ー保護責任を現代的正戦論から切り離した4つの変化
ポスト冷戦期における非国家主体の紛争調停における役割ーモザンビークを事例として
紛争後教育復興における平和教育ー第二次世界大戦後の沖縄を事例として
途上国における市民社会組織と政治—インドネシアにおける土地問題の政治プロセスを事例として
21世紀における医療保障の諸問題—国際比較の視点からー
「自分らしく生きる」ための開発と住民参加ーインド・ワルリ族を事例として
平和構築における地方政府と伝統的組織の関係性—SocialCapitalによるカンボジアの事例分析
カルチュアルツーリズムにおける国際援助者の役割ーヨルダン サルト円借款事業の事例から

2005年

言語文化変遷の中における民族教育ー麗江県の事例から
出稼ぎ労働者のネットワークとリスク回避ー北京建築業界のケース・スタディーー
農村開発における住民組織—セネガルの上水道管理住民組織を事例にしてー
予防開発ー紛争予防と開発
旧ユーゴスラヴィア国際刑事栽培所とボスニア紛争
市民と武器—コソボのおける小型武器回収の結果から学ぶ
欧州連合における「環境保全への政策統合」
ニカラグアにおけるマイクロファイナンスの展開—Pro Mujerの事例からー
買売春を巡る法整備と国際協力:カンボジアにおける児童買春(国外犯)の事例から
フランスSEL(地域内交換システム)とソーシャル・キャピタル

博士論文題目一覧

2016年

石坂 貴美 マイクロファイナンス利用にみる人びとの暮らしを守る実践
—バングラデシュのマイクロ医療保険調査を基に

2015年

榎本 珠良 冷戦終結後の開発・安全保障言説における人間像
ー小型武器規制・通常兵器移転規制の事例からー

2014年

長嶺 義宣 The Taliban’s Legitimisation Strategy  -An Analysis through the Taliban’s Code of Conduct
タリバンの正当性戦略 —行動規範の分析を通じて
松川 潔 Social Capital and Armed Conflict in Somalia
(ソーシャル・キャピタルと武力紛争:ソマリアを事例として)

2013年

上田 直子 援助とソーシャル・キャピタル ー中米シャーガス病対策からの考察
Aid and Social Capital  -A view from the Chagas Disease Control in Central America
IONESCU MAGDALENA
ヨネスク・マグダレーナ
Governing the European Roma:Transiting from state “zones of security” to regional “zone of freedom”?
(ヨーロピアン・ロマの統治:国家の「安全空間」から地域の「自由の空間」へ?)

2011年

石川 明美 An Option for Alternative Agricultural Development in Rice Cultivation Areas of West Java, Indonesia
-Can SRI contribute to alleviating multidimensional rural poverty?
インドネシア国西ジャワ州の稲作地帯における代替的な農業開発の選択肢
ーSRIは農村部における多面的な貧困の緩和に貢献できるか?

2010年

水田 愼一 紛争後平和構築における民主的制度導入による持続可能な平和実現のための条件

2007年

長 有紀枝 スレブレニツァ・ジェノサイド —冷戦後のジェノサイドへの介入をめぐる考察