第241回HSPセミナー「現代アフリカの土地と権力」

概要: アフリカでは、特に2000年代に入って以降、大規模な土地取引の急増や土地紛争の頻発といった、土地をめぐる問題が注目されている。同じ時期、アフリカの多くの国々は土地法改革に踏み出している。この2つの現象は、どのように関係しているのだろうか。
この問いを出発点として組織された研究プロジェクトの成果(武内進一編『現代アフリカの土地と権力』アジア経済研究所 2017年11月)が刊行されたことを受けて、同書の序章・終章を中心に内容を紹介する。土地法改革はドナーの支援の下で実施されたが、アフリカ諸国は独自の動機でそれを推進した、土地法改革を通じて国家や伝統的権威による土地への統制力は総じて強まった、というのが中心的な主張である。
日時: 2017年12月8日(金)17:30-19:00
場所: 東京大学駒場キャンパス18号館 コラボレーションルーム1
講師: 武内進一(東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター・センター長/日本貿易振興機構アジア経済研究所・上席主任調査研究員)
司会: 阪本拓人 (東京大学大学院総合文化研究科准教授)
言語: 日本語
主催: 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)

東京大学グローバル地域研究機構 (IAGS) アフリカ地域研究センター

共催: 科学研究費補助金 (基盤研究(C))「アフリカにおけるミクロな紛争のマクロ化:現地調査に基づいたシミュレーション解析」
後援: 東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター