HSP Seminar #214 Challenges of Constructing Legitimacy in Peacebuilding: Experiences of Academic Research and Practice

•概要: 東京大学大学院総合文化研究科人間の安全保障「プログラム」の東大作准教授が、2016年3月31日で東京大学を退職し、4月1日から上智大学に移籍されます。これまで、「震災と原発プロジェクト」や、「人間の安全保障プログラム10周年記念シンポジウム」、「人間の安全保障と平和構築」連続セミナーなどを企画・運営され、人間の安全保障プログラムに貢献して頂いた東准教授の退職を記念して、HSP記念講演会(HSPセミナー)を開催します。講演会では特に、専門分野である「平和構築のプロセスにおいて正統性を有する政府を樹立する課題」について、2015年に出版された英著 “Challenges of Constructing Legitimacy in Peacebuilding: Afghanistan, Iraq, Sierra Leone, East Timor (Routledge)”の議論も踏まえ、研究と実務の双方での経験についてお話頂く予定です。
•日時: 2016 年3月23日(水)18:45-20:45
•場所: 東京大学駒場キャンパス2号館308室
•講師: 東 大作 (東京大学准教授、前国連日本政府代表部公使参事官、元国連アフガニスタン支援ミッション和解再統合チームリーダー、元NHKディレクター)
•司会: 木村秀雄(東京大学教授・人間の安全保障「プログラム」運営委員長)
•言語: 日本語
•主催: 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)
•共催: 国際関係論研究会