第266回HSPセミナー「戦時期の日本と上海におけるユダヤ難民の多様性」(2020年2月19日)

タイトル 戦時期の日本と上海におけるユダヤ難民の多様性
概要 1940-41年の日本および1939-1946年の上海に滞在したユダヤ難民に関する国際共同研究に新しい視野を切り拓くため、イスラエルとポーランドの専門家を囲んで公開研究会を開催します。ふるってご参加ください。
日時 2020年2月19日(月)14:00 – 17:30
場所 東京大学駒場Iキャンパス 21KOMCEE West(地図)3F 303 教室
講師 キリル・フェフェルマン(アリエル大学上級講師)
マルティナ・ルシニャク= カルヴァト(ポーランド科学アカデミー助教)
言語 英語(同時通訳なし)
主催 東京大学 大学院総合文化研究科 「人間の安全保障」プログラム (HSP)
国士舘大学 21世紀アジア学科 ヤコフ・ジンベルグ研究室
東京理科大学 理工学部 菅野賢治研究室
マリルカ・プロジェクト
備考 参加自由・登録不要