講演会 「低線量被曝に向き合う 〜チェルノブイリからの教訓〜」

  • 日時:2012年4月21日(水) 14:00-18:00
  • 場所:東京大学本郷キャンパス 弥生講堂
    (地図はこちら
  • 登壇者:
    Y.ステパーノヴナ (ウクライナ国立放射線医学研究所・国際リスク分析委員会委員)
    M.マリコ (ベラルーシ科学アカデミー主任研究員・欧州放射線リスク委員会委員)
  • 主催:
    市民と科学者の内部被ばく問題研究会
    北海道大学GCOE境界研究の拠点形成
    東京大学「低線量被曝に向き合う」講演会実行委員会
  • 協賛:日本科学者会議
  • 協力:
    東京大学原発災害支援フォーラム(TGF)
    東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)
    NIHUプログラムイスラーム地域研究東京大学拠点

※詳しくはこちらをご覧ください。