HSP Seminar no.102 (HSP-CDR Seminar no.10) Introduction to Zotero: Online Database System as a Strong Tool for Research

Zotero is an online database system which offers very strong tools for researchers. This seminar explores possibilities of this database method through an introduction of its application to the field of refugees and migrants.

  • Date : May 19 (Wed.), 2010, 15:00-16:30
  • Venue : Collaboration Room 1, 4F of Bldg.18, Komaba Campus, University of Tokyo (map)
  • Lecturer : Jordan Nogaki (Part-time Lecturer, Musashino University)
  • Language : English (questions can be asked in Japanese)
  • Organizers :
    Graduate Program on Human Security, University of Tokyo (HSP)
    Human Mobility Studies (Hougakukan Co.,Ltd.), University of Tokyo

Zotero(ぞてろ)は研究を行う上で非常に強力なツールとなりうるオンライン・データベースシステムです。CDR(Center for Documentation on Refugees and Migrants)スタッフのJordan Nogaki氏による難民移民に関するデータベース構築の事例を用いた入門的紹介を通じて、このツールの可能性を探ります。

  • 日時:2010年5月19日(水) 18:00-20:00
  • 場所:東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーションルーム1
    (地図はこちら
  • 講師:Jordan Nogaki (武蔵野大学非常勤講師)
  • 言語:英語 (日本語による質疑も可)
  • 主催:
    東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)
    東京大学大学院総合文化研究科寄附講座「難民移民(法学館)」