HSP Seminar no.102 (HSP-CDR Seminar no.10) Introduction to Zotero: Online Database System as a Strong Tool for Research

Zotero(ぞてろ)は研究を行う上で非常に強力なツールとなりうるオンライン・データベースシステムです。CDR(Center for Documentation on Refugees and Migrants)スタッフのJordan Nogaki氏による難民移民に関するデータベース構築の事例を用いた入門的紹介を通じて、このツールの可能性を探ります。

  • 日時:2010年5月19日(水) 18:00-20:00
  • 場所:東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーションルーム1
    (地図はこちら
  • 講師:Jordan Nogaki (武蔵野大学非常勤講師)
  • 言語:英語 (日本語による質疑も可)
  • 主催:
    東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)
    東京大学大学院総合文化研究科寄附講座「難民移民(法学館)」