第258回HSPセミナー「復興と尊厳——東日本大震災の人類学のこれまでとこれからを考える」(2019年7月14日)

タイトル 復興と尊厳——東日本大震災の人類学のこれまでとこれからを考える
概要 平成の時代が終わり、東日本大震災の発生からは8年以上が経過した。その間も各地では大規模自然災害で相次ぎ、少しずつ関心が分散していくにつれ、「3.11」とその復興を総括する議論も増えてくるだろう。そうしたマインドの変化が訪れるにあたり、改めて問うてみたい。人類学を通じて被災者とともにあろうとした私たちは、言葉を尽くして、何を擁護し、何を援護しようとしてきたのか。言論で、物理的に自然災害から人々の命を守ることはできない。物質的に人々の暮らしを充足させることもできない。現実に国家や市場が被災地の復興を強力に推進するとき、それに食い下がってでも譲れない一線は、どこに引かれていたのか。『復興と尊厳』(2018 東京大学出版会)は、そうした問いへの一つの応答である。本報告では、著者の民族誌的事例を検討しつつ、今後の震災復興や人類学の公共性について議論を進めていきたい。
日時 2019年7月14日(日)14:00‐17:00(懇親会は18:00まで)
場所 東京大学 駒場Iキャンパス(京王井の頭線 駒場東大前駅 東口改札出て左) 18号館(地図)4階 コラボレーションルーム1
講師 内尾太一(麗澤大学)
コメンテーター 渡邊日日(東京大学)
司会 関谷雄一(東京大学)
言語 日本語
資料 当日配布予定。
主催 日本文化人類学会 関東地区研究懇談会
共催 東京大学 大学院総合文化研究科 グローバル地域研究機構 (IAGS) 持続的開発研究センター