HSP Seminar #205 A Series of HSP Seminars on “Human Security and Peacebuilding” Six Seminar: “Challenges of UN Strategy on International Terrorism”

•概要: 東京大学大学院総合文化研究科に発足した「人間の安全保障」プログラム(Human Security Program: HSP)では、2015年4月に「人間の安全保障と平和構築」プロジェクトを立ち上げ、「HSP連続セミナー:人間の安全保障と平和構築」を開催しています。7月までに5回のセミナーを行いましたが、好評につき、9月以降も継続していく予定です。

後半最初となる6回目の講師は、上智大学の植木安弘教授です。植木教授は、コロンビア大学で博士号を取得される一方、1982年から2014年まで国連事務局広報局に勤務されました。その間、東ティモール政務官兼副報道官、イラクで国連大量破壊兵器査察団報道官、津波後のインドネシアのアチェにおける広報官なども歴任されています。

今回は、国連による対国際テロ戦略の現状と課題について、ご自身が関わってこられた経験も含め存分に語って頂きます。自称「イスラム国」の出現などで、多国間協力による国際テロ対策の重要性は日増しに高まっていますが、その実態や活動、困難はあまり知られていないと思います。この問題の第一人者である植木先生と一緒に、国連がこの分野で何ができるのか、共に考えていきたいと思います。(今回は平和構築研究会と共催になります)。

事前通知も必要なく、誰でも参加可能なオープンなセミナーです。皆様の参加をお待ちしています。

•日時: 2015年10月9日(金)18:45分-20:45分
•場所: 東京大学駒場キャンパス18号館4Fコラボルーム1
•講師: 植木安弘(上智大学教授)
•コメンテーター: 長谷川祐弘(元国連東ティモール特別代表、法政大学客員教授)

滝澤三郎(東洋英和女学院大学教授、元UNHCR日本事務所代表)

•司会: 東 大作准教授(東京大学「人間の安全保障」プログラム)
•言語: 日本語
•主催: 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)

その他団体名

•共催: 平和構築研究会

グローバル地域研究機構 (IAGS) 持続的平和研究センター

グローバル地域研究機構 (IAGS) 持続的開発研究センター

グローバル地域研究機構 (IAGS) アフリカ地域研究センター