Seminar Series on Cambodia 2011 Society and Law in Cambodia: The Issues on Peacebuilding in Post-Conflict State and Its Whereabouts

カンボジアは本年9月24日、現行憲法の公布から18周年を迎えます。この間、同国では経済発展のためのインフラ整備や人材育成、人権保護の取り組み、司法・行政改革や市場経済の導入など、様々な改革が実施されてきました。

これらの諸改革にともない、カンボジアの社会はどのような変化を経験し、今後どのような方向へ向かっていくのでしょうか。長期に及ぶ暴力的な紛争を経験したカンボジア社会は、平和な社会へと移行したのでしょうか。他方、同国に多額の援助を供与してきた国際社会は、平和の確立に向けてどのような支援を行なってきたのでしょうか。

本セミナーでは、これらの問いに答えるべく、カンボジア法と法整備支援を専門とするコン・ティリ氏を講師にお招きし、平和構築の視点から、紛争後のカンボジアにおける法・制度整備やそれに関わる国際支援が抱える課題についてお話しいただきます。

  • 日時:2011年9月23日(金) 14:30-16:30 (開場14:00)
  • 場所:東京大学駒場キャンパス 18号館ホール(地図はこちら
  • 報告者:コン・ティリ (名古屋大学法政国際教育協力研究センター准教授)
  • アクセス:京王井の頭線「駒場東大前」駅より徒歩5分
  • 定員:150人(予定)
  • 資料代:一般700円、カンボジア市民フォーラム会員/学生500円
  • お申し込み:事前申込制。ホームページの専用フォームにて受付けております。
  • 主催: カンボジア市民フォーラム
  • 共催: 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)
  • 連絡先:カンボジア市民フォーラム事務局(担当:山田、貝塚)
    Eメール:pefocj@hotmail.co.jp
    TEL:03-3834-2407
    FAX:03-3835-0519

※どなたでもご参加いただけます。