HSP Seminar #197 Working-level work shop in the health field (No.5)

• 概要: テーマ:「ポスト2015開発アジェンダと人間の安全保障―格差解消が国際保健と強靭性にもたらす変化―」

ミレニアム開発目標(MDGs)の達成目標年である今年は、防災、開発資金、気候変動などの枠組みを協議する各国際会議、2016年から15年間の国際開発目標『ポスト2015開発アジェンダ』を9月の国連総会で採択予定など非常に重要な年となります。本ワークショップでは、MDGsの進捗と課題、ポスト2015開発アジェンダの内容や採択の見通しについて概観します。特に人間の安全保障の観点から、格差解消が国際保健と強靭性の構築にどのような影響を与えるのかを議論します。その議論をもとに、UNDPなどの国連機関、政府、企業、市民社会がどのような役割を担うのかについても意見交換します。

•日時: 2015年7月11日(土)14:00 -17:00(受付13:30~)
•場所: 東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーションルーム3
•講師: 国連開発計画(UNDP)駐日代表 東京大学大学院非常勤講師(国際保健政策学)近藤 哲生
• 司会: 木村 秀雄(東京大学大学院 総合文化研究科 教授)
• 言語: 日本語
• 資料: こちら(20150711_HSP Seminar)をご確認ください。
•主催: 健康と「人間の安全保障」プロジェクト
• 協力: (独法)国際協力機構、(公社)青年海外協力協会、(公財)日本国際交流センター、日本赤十字社、(公財)日本ユニセフ協会