HSP Spring Symposium 2010 V A New Approach to a World without Nuclear Weapons

5月の核不拡散条約(NPT)再検討会議を目前にひかえた今、世界から核兵器をなくすための取り組みは盛り上がりを見せています。
「核抑止論」「核の傘」など、これまで語られてきた議論を越えて、本当に「核のない世界」を実現するために、いま、発想の転換とこれまでにない新しいアプローチが求められています。
東京大学、GPPAC東北アジアとピースボートが共催する今回のシンポジウム。第一部では、長崎大学の元学長で被爆地における核廃絶のオピニオン・リーダー土山秀夫さん、広島での核廃絶「OBサミット」のために来日するマルコム・フレーザー元オーストラリア首相[交渉中]のお二人による基調講演を行います。
続く第二部では、研究者や関連NGOの皆さんらと、「核のない世界」を実現するために求められる、具体的な「新しいアプローチ」についてパネルディスカッションを行います。
第三部では、103人のヒバクシャが世界一周クルーズを通じて、核廃絶の声を世界へと発信する様子を追ったドキュメンタリー映画を上映。この映画を撮影したコスタリカの若き映画監督エリカ・バニャレロさんにもお話を伺います。
この時代における「核のない世界」を実現するためのヒントが見えてくるはず。たくさんの参加をおまちしています。

  • 日時:2010年4月22日(木) 14:00-19:30
  • 場所:東京大学駒場キャンパス 学際交流ホール(地図はこちら
  • プログラム概要:
総合司会 佐藤 安信 (東京大学大学院総合文化研究科教授)
開会挨拶
(14:00-)
山影 進 (東京大学大学院総合文化研究科長)
第一部 基調講演
(14:05-)
土山 秀夫 (長崎大学元学長)
長嶺 義宣 (赤十字国際委員会駐日事務所所長)
第二部 パネル討論
(15:15-)
野平 晋作 (ファシリテーター、ピースボート)
高原 孝生 (明治学院大学国際平和研究所教授)
中村 桂子 (NGOピースデポ)
伊藤 剛 (GENERATION TIMES編集長)
秋山 映美 (株式会社ラッシュジャパン)
林 明仁 (東京外国語大学非常勤講師)
第三部 映画上映&
監督トークショー
(18:00-)
上映作品:『フラッシュ・オブ・ホープ』 (2010年)
エリカ・バニャレロ監督
  • 主催:
    東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)
    東京大学大学院総合文化研究科グローバル地域研究機構持続的平和研究センター
    ピースボート
    武力紛争予防のためのグローバルパートナーシップ (GPPAC) 東北アジア
  • 後援:
    科学研究費補助金 (新学術領域研究)
    「国連の平和活動とビジネス:紛争、人の移動とガバナンス」