HSP Seminar no.137 Afghan Delegation and Peace Building: Talk with Heran Song, Head of Central Highlands Office (Bamyan) in UN Assistance Mission in Afghanistan (UNAMA)

混乱の度合いを深めるアフガニスタン。アメリカをはじめとする多国籍軍が2014年末までにアフガニスタンから撤退すると表明する中、アフガン政府への権限委譲と、反政府勢力との和解をどう進めるかが、大きな課題となっています。

今回、アフガニスタンの平和構築における政治的な支援を行っている「国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)」のバーミヤン所長、へラン・ソンさんが、このテーマについて、講演して下さいます。

7月8日には、東京でアフガニスタンの復興に関する国際会議も予定されていて、国内での関心も高まりつつあります。ヘランソン氏も、色々なNGOや政府関係機関での講演の合間に、東大でも講演して下さいます。このセミナーにおいては、ヘラン氏は、学生の方々やNGO関係者の方々との率直な議論を期待しています。またセミナーの後、簡単な懇親会も予定しています。

  • 日時:2012年4月25日(水) 18:10-20:10
  • 場所:東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーションルーム3
    (地図はこちら
  • 講師:へラン・ソン (国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)バーミヤン所長)
  • コメンテーター:
    遠藤 貢 (東京大学大学院総合文化研究科教授)
    長谷部 貴俊 (日本国際ボランティアセンター(JVC)アフガニスタン現地代表・東京事業担当兼任)
  • 司会:東 大作 (東京大学大学院総合文化研究科准教授)
  • 資料:詳細情報
  • 主催:東京大学大学院総合文化研究科
    「人間の安全保障」プログラム (HSP)
    グローバル地域研究機構 (IAGS) 持続的平和研究センター
    グローバル地域研究機構 (IAGS) 持続的開発研究センター
    科学研究費補助金「アラブの春と和解」