難民支援協会 主催 国際シンポジウム 変わる日本の難民受け入れと地域社会 ~米国における自治体とNPOの協働に学ぶ~

2010年秋、アジアで初の試みとなる第三国定住制度による難民の受け入れが、いよいよ日本で始まります。まずは3年間の試行として、約90人のミャンマー(ビルマ)難民が定住します。
本シンポジウムでは、毎年多くの難民を受け入れている米国から州政府の難民定住支援担当官と難民支援NGOの専門家を招き、同国における定住プログラムの取り組みを学び、日本の難民保護における自治体と市民社会の役割を考えます。

  • 日時:2010年7月3日(土) 14:00-17:30
  • 場所:東京大学駒場キャンパス 18号館ホール(地図はこちら
  • アクセス:京王井の頭線「駒場東大前」駅より徒歩5分
  • 定員:200人
  • 参加費:無料
  • 言語:日本語・英語(日英・英日同時通訳あり)
  • 主催:特定非営利活動法人 難民支援協会
  • 共催:東京大学大学院総合文化研究科
    「人間の安全保障」プログラム (HSP)
    寄附講座「難民移民(法学館)」
    グローバル地域研究機構持続的平和研究センター
  • 助成:国際交流基金日米センター
  • お申し込み:お名前、ご所属、ご連絡先、ご参加セッション(全て、1部、2部)を明記の上、Eメール又はFAXにてお申込みください。
    Eメール:sympo10@refugee.or.jp
    FAX:03-5379-6002

※詳しくはこちらをご覧ください。