HSP Seminar #204 Working-level work shop in the health field (No.6)

• 概要: テーマ:「人間の安全保障」を保健の現場でいかに実践するか―ガイド作成の試み

(公財)日本国際交流センターでは、アフリカ・中南米・アジアにおける事例研究事業を実施し、人間の安全保障アプローチの政策概念及び実践的アプローチとしての付加価値を明らかにし、実践に求められる要素の抽出を試みました。この度、その成果が汎アメリカ保健機関(PAHO)との共著によるワーキング・ペーパー  “Health, Resilience, and Human Security: Moving Toward Health for All”として刊行される運びとなりました。本セミナーでは、本ペーパーを踏まえ、現場において人間の安全保障アプローチの実践を後押しするための戦略について意見交換します。

•日時: 2015年9月12日(土)13:00 -15:00(受付12:30~)
•場所: 東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーションルーム1
•講師: (公財)日本国際交流センター

シニア・プログラム・オフィサー:鈴木 智子

• 司会: 木村 秀雄(東京大学大学院 総合文化研究科 教授)
• 言語: 日本語
• 資料: 添付をご確認ください。(添付ファイルはこちら
主催: 健康と「人間の安全保障」プロジェクト
• 協力: (独法)国際協力機構、(公社)青年海外協力協会、

(公財)日本国際交流センター、日本赤十字社、(公財)日本ユニセフ協会