第132回HSPセミナー タラトベック・マサディコフ国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)政務部長をお迎えして

キルギスタン人のタラトベック氏は、2002年から10年間国連アフガン支援ミッション(UNAMA)で勤務し、パシュトン語を操る唯一の国連政務官国際スタッフとして、幅広い人脈と情報網を築きあげてきました。UNAMAカンダハール事務所長などを歴任した後、2006年にUNAMAカブール本部の政務部長に就任。2001年のボン会議以来、全ての国政選挙、ロヤジルガ(大会議)、そしてタリバンとの和平交渉など、あらゆる重要事象について最前線でUNAMAの活動を引っ張ってきた、まさにアフガンの生き字引のような人物です。セミナーでは、タリバンとの政治交渉の最新情報を含め、2014年のアメリカ軍撤退に向けた政治プロセスについて話して頂き、日本の支援の在り方を含め議論したいと思います。どうぞ奮ってご参加下さい。

  • 日時:2012年1月6日(金) 16:00-17:00
  • 場所:東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーションルーム1
    (地図はこちら
  • 講師:タラトベック・マサディコフ (国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)政務部長)
  • コメンテーター:
    丸山 真人 (東京大学大学院総合文化研究科教授)
    佐藤 安信 (東京大学大学院総合文化研究科教授)
    遠藤 貢 (東京大学大学院総合文化研究科教授)
  • 司会:東 大作 (東京大学大学院総合文化研究科准教授)
  • 言語:英語
  • 資料:講師略歴等
  • 主催:東京大学大学院総合文化研究科
    「人間の安全保障」プログラム (HSP)
    グローバル地域研究機構 (IAGS) 持続的平和研究センター
    グローバル地域研究機構 (IAGS) 持続的開発研究センター