第245回HSPセミナー「国際法の見地から捉えるシリア危機 -国連シリア調査委員会による報告と国際的訴追の展望―」

概要:

7年が経過したシリア内戦は、大国が有効な対応を講ずることがないまま、市民が残酷極まりない暴力に晒されており、国際社会を震撼させている。
日本における報道はシリア内戦の戦況や人道支援の側面に焦点を当てる傾向にあり、発展的な議論には結びついていない。
本セミナーでは、国際法違反とそれに伴う市民の犠牲について検証し、議論を深めることを試みる。
セミナーは以下三点の目的を有する。
第一に、シリアにおいて発生する暴力の種類と市民の被害の度合いを立証する。したがって、実際にシリアにおける国際法違反の検証に当たった国連シリア調査委員会(CoI)の元委員にスカイプ登壇いただく。第二に、シリア内戦における国際法の見地からの議論を加速させる。第三に、重大な国際法違反に対するアカウンタビリティの確保に対する展望を検証することである。

*当セミナーは「チャタムハウスルール」適用の元で運営されます
参加者はセミナーで得た情報を外部で自由に引用・公開することができますが、その発言者・所属機関を特定する情報、並びに特定につながる情報の公開はできません。

日時: 2018年 3月 21日(水・祝)16:00 — 20:30
場所: 東京大学駒場キャンパス 5号館 2階 524教室
講師: Saleyah Ahasan (緊急救命医、元People’s Convoy to Syria)

元国連シリア調査委員会メンバー

国連高等弁務官事務所シリア事務所 幹部職員

キハラハント 愛(東京大学 准教授)

コメンテーター: 土井 香苗 (国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表)
司会: 山田 一竹 (Stand with Syria Japan代表)
言語: 日本語・英語(英語のスピーカーには日本語訳あり)
主催: 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)

Stand with Syria Japan – SSJ

共催: 国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ(Human Rights Watch)

グローバル地域研究機構 (IAGS) 持続的平和研究センター