第250回HSPセミナー「国際人道法の現代的課題」

概要:  

国際人道法(IHL)は形を変える戦争に対応できるのか。サイバーオペレーション、ドローン、自律システムなど、新しい技術についてNoam Lubell教授にSkype経由でお話ししていただきます。
Noam Lubell教授は2014年から2017年まで英エセックス大学の法学部長を務め、現在は教授職に加えてthe Geneva Academy of International Humanitarian Law and Human Rightsのスイスの議長も務めています。

日時: 2018年 11月 16日(金) 18:00 - 19:30
場所: 東京大学駒場キャンパス 18号館 4Fコラボレーションルーム1
講師: Noam Lubell (英エセックス大学法学部教授)
司会: キハラハント愛 (東京大学大学院 総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム 准教授)
言語: 英語
資料: 会場で配布予定
主催: 東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム (HSP)
共催: 赤十字国際委員会(ICRC)

グローバル地域研究機構 (IAGS) 持続的平和研究センター